NO IMAGE

【 山道具 】 夏の登山レイヤリング : ハードシェル 編

■  ハードシェル ( レインジャケットの上下 )  


レインジャケットに関しては、かなり紆余曲折を経ています。
ハードシェルの素材に関しては、定番のゴアテックスや、各社から独自の素材を使った
ものが出ていて、どれが良いのか迷うところ。

耐水圧や透湿性で様々比較し、実際に使ってみて交換の繰り返し。


1着目

番最初はホームセンターで購入した上下で3000円のカッパでした。
雨の中登った空木岳で、カッパの限界を感じ登山ブランドの物を購入するに至ります。

2着目
パタゴニアのレインシャドージャケット(H2NO)の中古をヤフオクで購入。
パタゴニア好きにはたまらないデザインで、レインジャケットとしても使い勝手の良い
一着でした。んがっ、やっぱり夏のレインとしてつかうと蒸れて、インナーが濡れます。

3着目
パタゴニアのスーパーセルジャケット(ゴアテックス・パックライト)の中古品。
ゴアテックスのジャケットを使ってみたくて、レインシャドーをヤフオクに出して購入。
素材の柔らかさや収納性には感心しましたが、やはり蒸れました。

H2NOとゴアテックスの差はあまり感じませんでした。

4着目
Rabのモメンタムジャケットをバイマで購入。ついに大好きなパタゴニアから
浮気です(笑)1番蒸れない素材は?と探し求めてたどり着いたのがe-vent 
いままでのジャケットに比べて明らかに差を感じました。かなり蒸れが軽減されました。

● e-vent 素材

比較テストによると、eVentはゴアテックスと比べて、耐水圧に大きな差は
無いようですが、透湿性は2倍ほどあるそうです。
実際に着てみても明らかにeVentのほうがゴアのパックライトより蒸れません。
アウタージャケットの素材としては文句なしです。

ただし、欠点もいくつかあります。

1つ目が生地の重量です。
ゴアテックスに比べて、ジャケットで約10%ほど重くなるようです。

2つ目は、まだまだ価格が高いこと。
初めて購入したのが4年ほど前でしたが、
国内で扱っているお店がほとんど無く、バイマで購入しました。(当時は円高
の最盛期で国内でゴアのジャケットを買うよりも安く手に入ったのですが・・・)。
ここ数年でようやく国内店舗でも目にすることが増えて来ましたので、
徐々に値段もこなれて来るのではないかと思います。


参考ページ : e-vent素材のまとめ記事へ


[期間限定エントリーでP5倍!〜4/20金23:59まで]パタゴニア トレントシェル メンズ/男性用 83812 メンズ トレントシェル パンツ M's Torrentshell Pants レインパンツ レインウェア 雨具
パタゴニア  トレントシェル パンツ

ジャケット ※リンクはプルオーバーになっています。

パタゴニア独自の透湿素材、H2NOを使用した定番ジャケットです。

使っていて、レインジャケットとして足りない部分は特になし。
特にフードの追随性は感動的で、横を向いても上を向いても頭に
ピッタリ付いて来ます。

数シーズン前にストレッチレインシャドーというモデルに変り、
更に軽量で生地もしなやかな生地に変更になっています。

パンツ
パンツは、何度かモデルチェンジしていて、サイドが防水ジップのフルオープン
だったりフラップのフルオープンだったり、ヒザ下までしか開かなかったり、
いろいろ型があるので良く見てから選んだ方が良いと思います。


パタゴニア スーパーセル ジャケット (廃盤)

パタゴニアのゴアテックス・パックライトシェルを使用した、軽量ジャケットです。
2.7オンス・40デニール・ナイロン。重量は382g。
レインシャドーが、あくまでレインであるのに対して、こちらのジャケットは、
残雪から初冬までの厳冬期を除くほとんどの季節に対応できます。
一年中着まわせるちゃあ、着まわせるのですが、レインとしては微妙に重く、
冬のハードシェルにしてはちょっと薄手で物足りないかなという印象でした。


Rab モメンタム ジャケット

mountain_dru_jacket_pear

詳細⇒RabのHPへ 

RabのeVentを使用したジャケット。
重量は323g。
2年前まではパタゴニアのレインシャドーを着ていたんですが、
ゴアテックスやパタゴニアのH2NOよりも透湿性に優れた素材の存在を知り、
浮気してみました。

Rabというのは、イギリスのアウトドアブランドで湿気の多い気候が日本と似ているので、
ウエアの性能も日本に適しているようです。

実際に着てみると、違いがはっきり分かります。
まったく蒸れないことはありませんが、明らかに汗の湿気がこもりにくいです。
一度着てしまうとゴアには戻れません。

その後4シーズンほど使っていますが、耐久性も問題なしです。


★2018.02.16更新

売り切れですが、パンツもあります。

ヘリテイジのトリムジャケットです。
わずか103グラムしかありません!驚愕の軽さ。
雪山や藪こぎのある山行には適しませんが、その他の用途に持っていくには
コレ以上なく軽いジャケットだと思います。

まだ、がっつり雨が降る中で使った事がないので防水性が何処まで
あるのかは不明ですが、意外と重くてかさ張るレインウエアを軽量コンパクトにしたくて購入。



続きは、こちらへ
↓↓↓ 
4、