NO IMAGE

【 山道具 】テント泊山飯道具 : 水筒 / ウォーターバック / カラトリー / カップ 編

■ 水筒・ウォーターバック 

・保温ボトル 

夏 沢だったり、お昼ご飯にカップラーメンやカレー飯など温かい物を食べたいときに使います。    保温力が高いので、朝熱湯を注いでおけば昼でもインスタント食品を作れるだけの温度が保てま   す。
  ちなみに、一度半分くらいまで熱湯を注いで予熱して、1回捨ててから熱湯を入れなおすと更に熱  いお湯が準備できます。

冬 
冬も基本的に同じ使い方です。ゲレンデでのアイスクライミング等日帰りで荷物が多くても良い時  に持って行きます。
  ただし行動時の飲み物を入れるには重いので使っていません。

保温力は高いですが、重たいのがどうにも。。。。
あとはそのまま飲むと熱すぎてなかなか飲めないという欠点も使っていて感じました。


象印 保温保冷 ステンレスマグ TUFF SM-LB48 0.48L【送料無料】
象印 保温保冷 ステンレスマグ TUFF SM-LB48 0.48L

山専ボトルの重い&中身が熱すぎて飲めない問題を解決するために買ったのがコレ。

めっちゃ軽いです。保温力は山専ボトルには劣りますが朝熱湯で入れていけば、
昼前には直接口を付けて飲んで、ちょっと熱いかな~くらいで飲めます。

なので、インスタントの調理用には山専ボトル。
行動時の飲み物用には象印のステンレスマグと使い分けています。


・ソフトボトル

  • 容量:2510ml
  • サイズ:19×36cm
  • 重量:36g



使用感


■サイズ
夏山の日帰りでも3Lは水が欲しいところなので、これにナルゲン1Lボトルで調度良いサイズです。
40L程度のザックの水を入れるところ(ウォーターバックホルダー?)の大きさも大体これくらいか、もう少し大きめなのでパッキングした時のバランスも良いです。

■口の形状
普通のペットボトルサイズなので、他の容器へ移す時は移し易いです。逆に入れるのが大変かと思いますが、クッカーで雪を溶かして注ぐのが難しくて使い物にならないっ!ってほど難しくはありません。
使用後の洗浄に関しても、洗剤を1~2滴たらして振って洗ってすすぐくらいしか出来ません。
軽量&高い携帯性の裏返しの
部分をどう考えるかですね。

まあこんなもんだろうと思い使っているので特に気にしたことはありませんが、ナルゲンの大口モデルとどちらが良いか悩むところでもあります。専用の洗浄キットもあるようですがあまり物が増えるのも好きではないので。

ホースもソフトボトルも洗えるキット。


こちらはナルゲンのソフトボトル。プラティパスとの違いは、口が大きいこと。

特に冬のテント泊などで雪を溶かして水にした時に、注ぎ口が大きいのはグッド。
ただし、容量が1ℓ、1.5ℓ、3ℓと個人的に微妙。
基本的に2ℓ+1ℓが使い易いので是非2ℓバージョンも作って欲しい。

装備を軽くしたいときには、ナルゲンボトルの変わりに、カンティーンの1ℓを持って行きます。


山では定番のナルゲンのボトル。
1回半の回転で口がしっかり閉まるのが特徴。

容量:1.0L
重量:180g
サイズ:本体:約21cm(キャップ含)
幅:約9cm
口径:6cm
<耐熱温度>本体:100℃、キャップ:120℃
<耐冷温度>本体:-20℃、キャップ:0℃


使用感

広口なので、プラティパスなどから水を移しやすいです。
対応温度帯も広いので、冬のテント泊ではお湯を入れて湯たんぽ代わりにしています。
3月の南御室の冬季小屋で、これにツララを集めておいて溶かして飲んでる方がいらっしゃって、分けてもらったら本当に美味しい水でした。そんな使い方もできます。

■ カラトリー ・ コンテナ  

 


  • 重量:12g
  • サイズ:折りたたみ時/11.7cm、使用時/22cm
     

MSRのプラスチック製のスポークとフォークです。
スプーンもあります。

真ん中からパキッと半分に折れて収納できます。
軽量でかさ張らず、片付けもサッと拭くだけ。
食事をするのに十分な仕事をしてくれる優れものです。


  • サイズ:最大径:140mm/底76×76mm/高さ(折り)33mm/高さ(伸ばし)83mm
  • 本体重量:96g
  • フタ:ポリプロピレン(耐熱温度120℃)、本体:ポリプロピレン(耐熱温度120℃)
  • 電子レンジ・食器洗浄機使用可

以前は、SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) Xマグ オレンジ を使っていたのですが、
フタが無いぶん、保温性が悪くて注いだお湯がすぐに冷めてしまいました。

何気なく入った登山用品店でこれを見つけてすぐに購入。
カップラーメンリフィルを作るのに調度良いサイズで、フタもしっかり締まるので、
冬でもお湯が冷めにくく、温かい(熱っ!ってなる)状態でラーメンが食べられます。

密封、水漏れなしとは記述がないので、会社に汁物を入れて持って行くには勇気がいりますが、
激しく振ったり、押されて変形したりしなければ、今のところ汁がこぼれた経験はありません。

折りたためば、収納サイズもグッと小さくなって、まさに山向けの一品です。


ナルゲン(NALGENE) フォールディングカンティーン 1.5L (容器 ボトル) 90148