NO IMAGE

【 山道具 】 冬の登山装備 : キャップ・バラクラバ・手袋・サングラス編


1、 キャップ


・ パタゴニア  ラインド ビーニー 

 patagonia(パタゴニア)LINED BEANIE ラインドビーニー
patagonia(パタゴニア)LINED BEANIE ラインドビーニー
パタゴニアの定番ビーニーです。

柄も豊富で選ぶのも楽しみのひとつ。
毎年、新しいデザインが出るのでヤフオクで古い柄から探すのも良し。

内側がフリース素材、外側がニット素材になっていて、
非常に暖かいです。



・ パタゴニア キャプリーン4 ビーニー 
 


冬山でもヘルメットを被るようになって購入した薄手のビーニー。

キャプリーン4素材を使用したビーニーキャップで、
ヘルメットの下に邪魔にならずに被れます。

これにヘルメットで、マイナス15度くらいまで経験しましたが、
寒さを感じることもなく行動できました。


2015.01.26更新

アークテクリスの薄手のニットキャップです。

数シーズン雪山をやってきて、最初はとにかく暖かい物をと考えて装備を
揃えて来ましたが、ここ最近は歩き出しは多少寒くても行動中に快適な物をと
考える様になりました。

そこで登場したのがこのキャップ。
初めてアークテクリスに手を出してみました。
薄手のニット地の裏に、フリースのヘッドバンド。

耳と首回りは暖かく、熱は上へと抜けてくれる作りです。
程よい薄手感が行動中にちょうど良い具合で狙い通りでした♪
これからのメインになりそうです。


2、 バラクラバ




・ パタゴニア R1 バラクラバ

  

雪山をやるようになって最初に買ったバラクラバ。
写真はキャプリーン4バラクラバ。

R1素材の物は無くなってしまったようですね。

プルオーバーと同じく、暑すぎず寒すぎず
調度いい温度を保ってくれる1枚です。
濡れても乾きもいいです。

ただ、ゴーグルやサングラスをしたときに、
どうしても呼気で曇ってしまいます。

一度曇ると拭いてもすぐに凍りついてしまい、
前が見えずに使い物にならなくなってしまいます。

みなさん色々と工夫して対応しているようですが・・・。


 
・ モンチュラ バラクラバ ウィンド キャップ

MBPS00X-14W
モンチュラ オフィシャル ストア
 
 ゴーグルやサングラスが曇らないバラクラバが無いかと探したのがコレ。

口元が開けやすくなっていたり、呼気が逃げやすい素材になっていたり、
各社色々試しましたが、結局コレが一番曇りませんでした。
 
鼻の穴の部分と口の部分が開いているので、
呼気が上にあがりようがありません。

一つ難点を言うと、行動食や水が口から入れ難いこと。
口のサイズが決まっているので、上手く入れないとマスクが汚れます。
それが嫌なら下からガバッとめくり上げないといけないので、
風の強い稜線の岩陰でちょっと休憩なんて時に少し難儀します。


2015.01.26更新 
・ パタゴニア キャプリーン4 バラクラバ

28690_054
パタゴニアのバラクラバに帰って来ました♪

今年からキャプリーン4の生地が新しくなって、通気性が格段にアップしています。
生地を伸ばすとフリースのブロックの間から向こう側が透けて見えるほど。

この暖かくもありつつ、高い通気性を兼ね備えた生地でバラクラバが作られたと
聞きつけて早速購入。

R1バラクラバは呼気でサングラスが曇りましたが、このバラクラバなら大丈夫です♪
上下別ピースでマスクが出来ているので顔を出すのも簡単で、言う事なしです。



3、 ネックウォーマー


・ パタゴニア マイクロD ゲイター 



パタゴニアの定番ネックウォーマーです。

マイクロDフリースと言う厚手のフリース素材で、しっかり暖かいです。
歩き始めの寒い時や、テントで寝るときに首元が冷えるので重宝します。

ただ、行動中には暑くなることが多く、ヘルメットなど被った場合には着脱が面倒です。


2016.01.26更新

・ アークテクリス フェーズAR ネックゲイター

ダウンロード



4、 手袋 ( グローブ )


○マイナス5度まではパタゴニアのフリースグローブ。
○マイナス5~10度までは、パタゴニアのフリースグローブ + ライナーグローブ。
○マイナス10度以下は、ブラックダイヤモンドのミトン + ライナーグローブ。
と使い分けています。 

ちなみに、ミトンだけでもマイナス18度までは経験し寒くなりませんでした。
ただ、写真を撮る時にミトンではシャッターボタンが押せないので、
ミトンを外しライナーだけの状態で撮るために着用しています。



・ パタゴニア メリノ3 グローブ ライナーズ

 
 

グローブの下に付ける薄手のライナーグローブ。

メリノウール素材で薄手でも保温力があります。

単独では風も通しますし、グリップもスルスルなので、
単独ではお散歩用または、ミトンをしている時のカメラシャッター用です。



・ Patagonia
Windproof Gloves  パタゴニア  ウィンドプルーフグローブ
 
20120108-windproofgloves
5年くらい前のモデルなので、いまはヤフオクで出てくるくらい。

防風性のフリースで、手のひらは合皮。

コンデジを普通に操作出来るくらいの厚さですが、
風を通さないので保温力も程よくあります。

夏の高山の朝方の寒い時から、冬山のアプローチまで
幅広い温度帯で使っています。

メリノ3のライナーを組み合わせれば、マイナス10度くらいまで対応できます。



・ブラックダイアモンド ソロイストフィンガー

  ブラックダイヤモンド メンズ 手袋 アクセサリー Black Diamond Soloist Finger Glove Black
ブラックダイヤモンド  Black Diamond Soloist Finger Glove Black 
対応温度帯 : マイナス29度~マイナス12度

とにかく暖かいです。
大して寒くもないのに付けると、手に汗をかきます。
マイナス10度以下で使っています。

ショルダーベルトや、ウエストベルトを締めたりは出来ますが、
アイゼンの装着、デジカメの操作は難しいです。

細かい操作をするときのために、ライナーをつけて対応しています。


5、 サングラス 


スミスのゴーグルも持っているのですが、
バラクラバとの兼ね合いで、毎回雲って凍ってしまって、
途中でサングラスにチェンジしてしまいます。

モンチュラのバラクラバにしてからは、まだゴーグルを試していないので、
チャンスがあればレポしたいと思います。



・ジュルボ ウルトラ
  【送料無料】 Julbo ジュルボ ウルトラ J4293016 J4293021 J4293011 J4293014
【送料無料】 Julbo ジュルボ ウルトラ J4293016 J4293021 J4293011 J4293014 
ジュルボのトレラン用モデルです。

レンズはゼブラレンズと言って、
回りの明るさによってレンズの色が変化して 
明るさと紫外線量を調整してくれます。

吹雪いている時は基本的に曇っていて周りが暗いので
あまり色の濃いレンズだと足元が見えずらいです。
 
明るいところから暗いところまで調整が効くレンズがミソです。




ポチッ!と応援していただくと、ランキングに反映されます。
他の方のブログも沢山ありますので是非覗いて見て下さい。
よろしくお願いします♪
↓↓↓


登山 ブログランキングへ