NO IMAGE

【 山道具 】 冬の登山装備 : アイゼン・軽アイゼン・ピッケル・ワカン・ストック編

1、 アイゼン 


アイゼンも様々なメーカーから出ているので、
ブラックダイヤモンドのセラックやペツルのサルケンなどと迷いました。

カモシカの店員さんと相談して、氷への刺さりを考えると、グリベルかペツルが良いそうで、更に靴(ネパールエボ)を実際に合わせてみての相性で、グリベルに決めました。

各社、縦走用に刃の短いモデルやアイスクライミングにも縦走にも対応できるモデルなど出ているので後は実際に靴を持って行って装着しての相性で選ぶのが良いかと思います。

グリベルのアイゼンは装着の仕方で名前が違って、

●クラシック 
→ 前後ともプラスチックハーネスでコバの無い靴でも装着可。

●ニューマチック  
→ 前はハーネス、後ろにビンディングが付いていて、踵にコバがある靴に装着可。
  (前後コバ有りでも可)

●オーマチック
→ 前後共にビンディングが付いていて、前後にコバがある靴のみ装着可。

保持力は、クラシック < ニューマチック < オーマチック の順。
軽さは、  クラシック > ニューマチック > オーマチック となります。



・ グリベル エアテック ニューマチック
  【送料無料】グリベル GRIVEL エアーテック ニューマチック品番:GV-RA073A02【ポイント10倍】【超ポイントバック祭 2018/2/16 10:00〜2/19 9:59】
グリベル GRIVEL エアーテック ニューマチック
グリベルの軽量な12本刃のアイゼンです。

初めてアイゼンを購入する際に、カモシカのお兄さんに刃が短いほうが、
縦走して岩の上を歩いたりするとき歩き易いよと教えてもらい選びました。


IMG_5329

左がエアテック、右がG12。

刃の長さも違いますが、前から2本目の刃の角度にも注目。
エアテックが真っ直ぐ下に出ているのに対して、G12はやや前方向に出ています。
この角度の違いにより、前爪で立ち込む様な場面で安定性に差が出ます。


グリベルのオールラウンドモデルです。

西穂や甲斐駒に挑戦したくなって、硬い斜面で前爪の短い
エアテックではちょっと不安だったので、購入しました。

エアテックより重いですが、前爪だけで立ち込むような場面でも
 刃が長い分、安心感が違います。

そんなに厳しい傾斜の無い山はエアテック、
がっつり登りのある山にはG12と使い分けています。
 

2、 軽アイゼン

・モンベル チェーンスパイク
モンベル(mont‐bell) チェーンスパイク 1129612 ネイビー NV L
m_c_1129612_bl

モンベル(mont‐bell) チェーンスパイク 1129612 ネイビー NV L
 
軽アイゼンとして使っています。

6本刃の軽アイゼンに比べ刃が短く、踵からつま先までまんべんなく刃が付いている
ので刃の位置を意識せずに歩くことができ、岩にもしっかり噛んでくれます。

ほぼ、何も付けていない感覚で歩けて楽っ!
雪山のアプローチや、春先のツルツルな登山道で大活躍してくれます♪

3、 ピッケル



 
・ ブラックダイヤモンド  レイブン

ブラックダイヤモンド-BLACKDAIMOND レイブン
ブラックダイヤモンド-BLACKDAIMOND レイブン 
初めて買ったピッケル。

初めは北八ヶ岳や大菩薩など比較的緩い雪山を想定していたので、
長目の物をチョイス。

非常に軽量で、扱いやすいです。
美濃戸から文三郎で赤岳くらいまでなら、これでも十分だと思います。


・ GRIVEL エアーテックエヴォリューション サイズ:53cm 

  <残り1つ!> グリベル エアーテックエヴォリューション 【送料無料】 GRIVEL Air Tech Evolution ピッケル エアーテックアイスアックス MIXルート対応 アルパイン クライミング バックカントリー ロングリーシュ付き GV-PI027G
グリベル エアーテックエヴォリューション
 こちらもやはり、西穂や黒戸尾根を考えた時に欲しくなった1本。

色々なメーカーのピッケルを見て回りましたが、
ピック部分の鋭さではコレが一番。

実際使ってみても、硬い雪にもしっかり刺さってくれて、安心感が違います。

傾斜がきつくなると、短めの物の方が取り回しが効きやすいので、
そのあたりを考えて長さを選ぶと良いと思います。



・ピッケルヘッド カバー
oxtos(オクトス)ピッケルヘッドカバー(バックルタイプ)【ゆうパケット発送可能】
oxtos(オクトス)ピッケルヘッドカバー(バックルタイプ)

オクトスのピッケルカバーです。
ピックとアッズに被せて真ん中でカチッとすればOK。

ブラックダイヤモンドのプロテクター
も使いましたが、オクトスの方が付け外しが簡単で、対応するピッケルも選びません。
 強度も十分で長く使えてしかも安くてオススメです。
 

 
4、 わかん  

・  エキスパートオブジャパン・スノーシューズ




スノーシューに比べると浮力は弱いですが、
持ち運びを考えると、こちらに軍配が上がるかな?

ただ、ヒザや腰まで埋まるような場所ではやはり
スノーシューの方が威力を発揮すると思います。


5、 ストック 



・ ブラックダイヤモンド アルパインカーボンコルク
【Black Diamond(ブラックダイヤモンド) アルパインカーボンコルク BD82350】 b01c51l06o
【Black Diamond(ブラックダイヤモンド) アルパインカーボンコルク BD82350】 b01c51l06o
 
ブラックダイヤモンドのストック。

カーボン製で軽量かつ剛性も十分。

使い込むほどに、手に馴染んでくるのが気に入っています。


★2018.02.16更新

SHINANO シナノトレッキングポール ロングトレイル125

6年くらいアルパインカーボンコルクを使っていましたが、
ULの流れに乗って軽いものが欲しくなり購入。

雪山でも使えて(バスケット装着可)、長さ調節可能(夏のタープ泊でテントポールにしたい)、そして軽量とバランスの良いモデルだと思います。

今回はここまで。

次回は小物を紹介します!


登山 ブログランキングへ