2016年1月12日【アイスクライミング】 八ヶ岳 南沢小滝 初めてのアイスクライミングに挑戦!

山行データ

天候 薄曇り

気温 -8℃~-2℃程度

  微風

コンビニ
小淵沢インター近くに セブンイレブン、ローソン
諏訪南インター近くに ファミリーマート

駐車場
八ヶ岳山荘駐車場 150台 (500円/日)
赤岳山荘駐車場、やまのこ村駐車場 各70台 (1000円/日)

※八ヶ岳山荘から赤岳山荘までは、車で15分、歩くと40分~1時間ほど。
冬場は特に荒れたアイスバーンの道となるので4WDにスタッドレス+4輪チェーンが必須。事故が多いので自信がない場合は八ヶ岳山荘に停めた方が無難。

トイレ
各駐車場にあり

山行タイム

赤岳山荘P   08:00 
南沢小滝     09:30~14:30
赤岳山荘P     15:30

新版アイスクライミング 廣川健太郎編 p69 「南沢大滝」の項にて紹介

美濃戸から夏道を南沢沿いに進み、40分程歩いたところで右手に入って行く踏み跡が出て来ます。登山道からも見える位置に大滝があり、その手前に小滝があります。

クライミングノート

去年の5月に初めてロープを使ったクライミングを習い始め、まだ1年も経っていませんがアイスクライミングデビューをすることになりました!

お相手は、クライミング講習でお世話になっているトキオさん!
先輩方の話によると、ジムで10aをリードで登れたらアイスのトップロープは登って良いみたです。

まあ、なんとか10aはリードで登れるのでデビューして良いのかな~(汗)

で、この日のために買い揃えたアイス装備!
アックスは定番のペツルクォーク、アイゼンもペツルのリンクス。
ザックもグレゴリーのアルピニストを新調しました。

フル装備するとカッコいい!!!
まあ新品なので、初心者丸出しですが・・・。

赤岳山荘についてさあ準備!と思ったら全然雪が無くてビックリ!
林道の途中は残った雪が凍ってアイスバーンになっていたので4WD&スタッドレス&チェーンは必須です。

駐車場からしばらくはツボ足で。
30分位歩くと雪が深くなって来たので(と言っても踏まれて歩きやすい)、アイゼンを装着して進みました。

40分位歩くと、ちょっと開けた場所に右手に入って行く踏み跡。
これを辿ると、更に二手に分かれて左に進むと、南沢大滝。右に進むと南沢小滝にたどり着きます。

これが南沢小滝です。
小滝と言っても15~20m位あって、下から見上げると「おぉ~!」って感じ。
これで小滝って、大滝はどうなっとんじゃーい!!!!

下から見上げるとこんな感じ。
結構登られていて、階段状になっている部分もあるから登りやすそー♪
とトキオさん。

いや、全部ただの氷やんっ!

さっそく準備を整えて、先ずはトップロープを張ることに。
右側から迂回して滝の上に出れます。

脇から回り込んでトップロープを設置。
右奥の木と、滝の落ち口の真ん中あたりにスクリューを一本打って、U字方に張りました。

こうすると、ビレイやーがクライマーの下に入らなくて済むので、割れた氷などが当たるリスクが減らせるとのこと。

うーん、アイスはアイスで覚える事多そうな感じです。

先発でトキオさん行きまーす!
初のアイスのビレイでロープを握る手にも力が入りました。

今日覚えたこと「アイスのビレイは必ずセルフを!」
アイゼン履いたままビレイをすると、引かれてもアイゼンの刃が氷に刺さってくれるので、引っ張られてズリズリ前にでる様なことはありません。

でも、一気に引かれると逆にズリズリ~とはいかずに、前にすっころぶ事になるので、足元に1本スクリューを打ってビレイヤーは必ずセルフを取ること。

さすが、サクサクっと上まで登ってしまいました!
そして、いよいよ自分の番!の前にお隣に台湾から遠征してきた二人組が来たので、その登りを見学させてもらいました。

さすが、海外遠征するだけあって上手い!
まったく力が入っていない感じでキレイに登っていました。

さあ、今度こそ自分の番!

いざ準備して・・・・と思ったら、なんとここでカメラが電池切れ(泣)
充電忘れと寒さもあって、カメラが力尽きてしまいました。

とりあえずここからは文章のみでお伝えします。

初めて登ってみると、2~3手進んだだけで、腕がパンパン!
途中でどうやって休んで良いのかよくわからず、すぐにテンションもらいました。

練習という事で、途中でスクリューも打ってみましたが、ロープを張っててもらわないと打てない始末。

全部で3本登って、もうお腹いっぱいでした(汗)

クライミングも覚える事がまだまだ沢山ですが、合わせてアイスも覚える事が沢山出てきたので、とにかく焦らず1個ずつ覚えて経験を積んでいくしかなさそう!

いつか、スキー担いでアイスで登って、スキーで滑って降りてくるみたいなやつ出来る日が来るかなぁ~、相当先になりそうだけど(笑)

と、いう事で初めてのアイス体験は初めてとして合格点!
次回は、岩根山荘の人口の氷壁に行く予定です!

今日の便利アイテム

・アライテント アイゼンケース

しっかりとした生地で作られたアイゼン用のケースです、少し余裕のあるサイズなので、他の小物も一緒に収納可能。荒く扱っても丈夫なので外付けしても安心です♪