2010年7月30日【 赤岳 】県境尾根~真教寺尾根で鎖まみれ。

初めての八ヶ岳。

こんなコースだとは思ってなかった・・・。

〓赤岳(百名山)〓 

7月30日:美しの森P(5:00)~県境尾根~▲赤岳(10:30-11:30)~真教寺尾根~美しの森P(15:00)

※最後はリフトに乗りました。 

〓〓〓〓〓 

完全に山登りにハマってしまいました。

今回は、八ヶ岳の赤岳。 
谷川岳、富士山と来て、今度はもうちょっと難易度を上げようと 
思って選んだら、ちょっと上げ過ぎた様でした。。。

想像以上にすごいコースで、 
下を見るたびに、チン寒でした。

天気はあいにくの雨。 
雨男的にはいつものことなので、カッパを着てスタート。 

最初は、森の中をひたすら進みます。 

良い雰囲気。

木立の中をひたすら進む。

途中、視界がひらけるもガスって何も見えず。。。 
どこらへんまで来たのかわからないのが一番疲れる。 


1時間ほど歩くと、

ようやく雨が上がり、だんだんと晴れ間が出てきました。 

すると突然、山頂付近が見えて来ました。 

まだまだ先は長い。


ちょっと一休み。 


遠くに富士山も見えてきた。

更に、森の中を進みます。 

更に歩くこと2時間。
ようやく、7分目くらい。 

途中、凄すぎてカメラを持ちながらは登れないゾーンに遭遇。 
本気で落ちたら大怪我すると、覚悟を決めて気合で登りました。 

最初に、こんなアトラクションがあって・・・。 


次がコレっ!!!! 



はしごにしがみ付きながらながら登りました。 
きっとこの感覚が病みつきになるんだろうな~。 
辛いけど、旨い。怖いけど、楽しい。みたいな。 

さっきよりは、角度が緩やかだけど、こりゃまたヤバそう。 


難所を抜けて、また視界の開けた場所へ。 
そしたら、また出たー!!! 

もう、この時点で高いところが怖いって感覚は麻痺。 
この先も、鎖をつたって登ること1時間。 

 

一応、こんな写真も。 
こんなキレイな花が咲いてます♪ 
あまり見てる余裕無かったけどネ・・・。 

 

そしてようやく、山頂に到着ー! 

でも、ガスっててまわりは何も見えず。 
山小屋でジュースを飲みながら、ガスが晴れるのを待つことに。 

山小屋には、子連れの若い女性が。 
旦那さんが山小屋で働いていて、子供を連れて遊びにきた
そうな。 

子供と言ってもまだ歩けないくらいの小さい子。 
ここまで背負って登って来たと聞いてビックリ! 

すごすぎです。

その後もいまいち晴れず。

赤岳山頂荘。

文三郎分岐。

 山頂の山小屋の人と話をしていると、 
どうやら自分が登って来たルートはメインのルートではなく、 
かなり難易度の高いルートだったと言うことに気がつく。 

たしかに、山頂には何人か登山者が居るのに、 
登ってる間には誰にも出会わなかったワケだ。 

さて、そろそろ下山開始。

 
山頂直下にも鎖場多数。
でも登りの時ほど危険度は無い。
 

途中分岐点で道に迷ったけど、家族ずれのみなさんに助けてもらった。

ここから真教寺尾根開始!

最初はこの岩場を下りて行きます。

こんなところを下りて・・・
 

必死です。


気づけばずいぶん天気がよくなってました。

最後に見上げる赤岳。

最後は、途中からリフトに乗って下山。

きちょっと背伸びした山行。良い経験になりました♪

下山後は、キープ農場へ。

清里名物のソフトクリームをペロリ。

初めての赤岳が、県境~真教寺。

良い経験できました♪