2012年7月11日【 尾瀬ヶ原 & 至仏山 】 花盛りの尾瀬へ。

尾瀬を散策&至仏山へ。 

2年ぶりの尾瀬。行っちゃいましょー! 

やっぱり晴れてしまいます(笑) 

今回はヨッピ橋まで歩いてから、至仏山へ。 

〓〓      尾瀬ヶ原&至仏山     〓〓〓 


7月11日(水):鳩待峠(7:05)~山の鼻(7:40)~竜宮(8:50-9:20)~ 
          ヨッピ橋(9:40)~牛首分岐(10:30)~山の鼻(10:40-11:30)~ 
          ▲至仏山(14:00-14:35)~鳩待峠(16:20) 


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


先週の火打山に続き、今回も湿地歩きへゴー! 


この時期の尾瀬は、マイカー規制してるんですね。 

戸倉のPは24時間1000円&鳩待峠までバス900円。 

何かとお金がかかります・・・・。 



歩き出しからこの快晴♪至仏山の山頂もバッチリ! 



至仏山荘。まだ人は疎ら。 



こっからが、尾瀬本番っ! 



湿地帯へと伸びる木道。 


ミズバショウはチンゲン菜お化けへと変貌しておりました。 


振り返って至仏山。 



小さい池が点在。 



空が、描いたように
綺麗♪ 



ハート型の葉っぱが、水面にも水中にもフワフワ。 



牛首分岐を過ぎて、何度か川を渡ります。 


ワタスゲゾーン。 

カキツバタゾーン。 


山の鼻から、1時間ほどで竜宮へ到着。 



振り返って至仏山。 


風もほど良く吹き抜けていて、自然と笑顔がでちゃいます。 




ここで、しばし休憩&楽しい写真をパシャパシャと。 





竜宮十字路から東電小屋方面へ。 


このあたりはシダが群生しています。 


ヨッピ橋に到着。 


ここから先は燧ケ岳に登る時に散策しましょう。 



そして、今回ヨッピ橋まあで歩いたのには訳が。 

ここから牛首分岐までの間に、ニッコウキスゲの群生地があるらしい。 

もうすでにかなり綺麗なんだけど、いったいどうなってるんだか。 


池越しの燧ケ岳。 

風が無ければ、水面に逆さ燧がみれたかな? 



そして、ニッコウキスゲのおでましで~す。 


ボッカさん、花と戯れるの図。 


木道沿いに咲き乱れていました♪ 


まだまだ蕾もたくさんあったので、これから更に咲きそうです。 



牛首分岐まで戻ると、団体の方がわんさか。 

ずら~っと並んでくると、挨拶が大変・・・。 



帰りに、ワタスゲと至仏山。 




午前中に歩いた木道、13.7キロ~! 

綺麗な空と花と、気持ちの良い風に囲まれてあっと言う間に歩いてしまったけど、 

登山道を歩くのとは勝手が違うようで、結構足に来ました。 


至仏山荘の前でお昼休憩。 

この時間になると、ツアーのお客さんで賑わっていました。 



至仏山へ向かいます。先ずは、湿原から樹林帯へ。 



森林限界を越えると視界が開けて来ます。あたりまえか・・・。 


眼下に尾瀬ヶ原が広がり始めます♪ 

前回着たときよりも、天気が良い! 


至仏山と言えば、この蛇紋岩。 


よ~く磨かれてツルツルです。 

新しい靴でも、古い靴でもとにかく滑りますので要注意。 


だいぶ上がって着ました! 


ニセピークに何度か騙されながら登ります。 



青空に続く階段を登り続けて・・・・ 



山頂に到着で~す! 


山容と同じく優しい笑顔(笑)。 



山頂からは、日光白根、谷川、巻機、会津駒などがぐるりと。 

ただし、登ったことがない山がほとんどだたので、判別つかず・・・。 



至仏~小至仏。 

ここの稜線歩きが、格別です!!! 



振り返っての至仏山。 


至仏の奥に尾瀬ヶ原。 


鳩待へ続く下山道。 



二年前と同じ景色♪ 




バスの時間ギリギリで鳩待へ到着~。 

帰りは、 

『望郷の湯』 
http://www.boukyou.com/ 

で温泉&お蕎麦♪ 



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 



■湿地帯の花々 




調べてみたけど、違ってたらスイマセンっ! 



ワタスゲ。 


ウラジロヨウラク。 



オゼヌマアザミ。とハチ。 




タテヤマリンドウ。 




オゼタイゲキ。 




レンゲツツジ。 




クモマニガナ。 




トキソウ。 




チングルマ。 



ニッコウキスゲ。 



ヤグルマソウ。 





■高山の花々  




これ解らず・・・。① 



ナナカマド。 




ハクサンイチゲ。 




これも解らず・・・。② 



ホソバヒナウスユキソウ。 


これも解らず・・・③ 



キバナノコマノツメ。 




シナノキンバイ。 




チングルマ。