2013年4月10日-11日【 仙丈ケ岳 】 戸台からピストン①

戸台から北沢峠、仙丈ケ岳へピストン。 



〓〓〓〓〓     仙丈ケ岳:1日目    〓〓〓〓〓 


4月10日(火): 戸台(6:05)~丹渓山荘(9:15-9:30)~北沢峠(12:00-12:15) 
          5合目大滝頭(15:40)~テント泊 

4月11日(水):テント(5:00)~6合目(5:20-6:00)~テント(6:15-7:00)~ 
          北沢峠 (8:30-8:45)~丹渓山荘(10:15-10:30)~戸台(12:40) 
                   
   
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


先月末の谷川岳の予定も仕事で潰れてしまい、 

今回は、ひと月ぶりの山行となりました。 


何事もバランスよくやるのが、人生を楽しむ秘訣だと思ってるんだけど、 

なかなかそうも行かず。 


ガッツリ歩いて、良い景色見て、写真撮って、帰ってくると 

荒れた心も平静を取り戻しているから、あら不思議。 


今の生活、山でバランス取れてる様なもんです。 



さて、仕事終わりにいつもの様に君津を7時頃出発。 

アクアライン~首都高~中央道と乗り継いで、諏訪ICで降りて152号杖突街道。 

途中、景色の良い展望台を発見して立ち寄ることに。 



展望台から夜景を見る家族ずれ。 

北は諏訪湖から、南は八ヶ岳まで、諏訪と茅野の夜景が一望できます。 


めっちゃ綺麗でした♪ 

こういう場所には女子と来ないとねやっぱり。 


いつも山は、山以外の予定は立てずに行くけど、 

こういう予定外のスポットに出会えるのも楽しみの一つ。 



更に車を走らせて、戸台へは、11時過ぎに到着。 

だだっ広い河原が駐車場なんだけど、こないだの嵐のせいか、 

流木がそこら中に落ちていて、たぶん一帯が水没した様子だった。 


まあ、明日と明後日は大雨が降ることはないので大丈夫だろうけど、 

注意書きには流されても責任は負いません見たいな事が書いてあった。 

怖っ!!! 




翌朝、5時ごろ目を覚ましてグダグダ~っと準備。 

いつもは朝強いんだけど、この日は久しぶりの休みという事もあって、 

朝からお疲れ気味・・・。 



登山届けを出していざスタート! 


河原歩きスタート。 

入り口には怖いことが色々書いてあります。 


歩き始めるとすぐにドーンと広い河原の奥に甲斐駒の姿。 

先ずはあのダムのところまで車道を歩きます。 


ダムを越えると、いきなり渡渉。 

ちなみに、日記で『渡渉』という言葉を使うのは初めて。 


『としょう』って読むのかー(笑) 

そして再びの渡渉。 

ヒザ丈くらいの深さで、2~3Mくらいの川幅。 


行けそうなところを探しつつ進むと、いつの間にか河原の反対側まで 

歩いてしまって、めっちゃ遠回りに(汗) 


帰りで落ちるのはまだ良いけど、行きで落ちるのは勘弁! 

靴を脱ごうかと迷ったけど、そのまま勢いで飛び越えました。 

更に進むと次のダムが。 




ここは左の崖の下を進むんだけど、 

近づくと、パラパラと細かい石が落ちて来ていて、 

ちょっとやばそうだな~と思って、石が落ち着くのを待ったけど、 

いっこうに止まる気配なし。 


どうやらここは、ずっと石が落ち続けているらしい(汗) 

そりゃもう、ダッシュで通り抜けました。 


次のダムまでは、車道が付いていて歩きやすい。 

だんだんと甲斐駒が大きくなってきてテンション上がるー! 


鹿君登場~。 

ここいらの動物は人に慣れていないみたいで、すぐに逃げちゃう。 



んで次のダムを越えると・・・・ 

再びの渡渉ポイント。 

白い岩に乗って渡りました。 

渡りながら思ったのは、『風雲たけし城』が懐かしい・・・(笑) 


この先は、右岸に沿って進みます。 


途中に白骨が・・・。 

鹿かな? 

鋸への取り付き。 

いきなりのガレ場スタートの様子。 

今年の夏に行くマイミクさん多そうな感じ。 



最後の渡渉ポイントには丸太の橋。 

ココまで来れば丹渓山荘はもうすぐ。 

一本折れてて、水ジャブジャブでスリップ注意。 


橋を渡ると遠くに仙丈が見えてきました! 

まだまだ遠い。 

ここで河原歩きは終了ー。 

ここから北沢峠までは、原生林の中を歩いていきます。 

一息入れて出発! 


丹渓山荘。 

ここの森が綺麗な事♪ 

最初は急斜面を九十九折に登って行きます。 

途中で沢を渡って、更に斜面を変えての急登り。 

登り終えるとなだらかな樹林帯歩きになります。 


本日のザック23キロ。 

フル装備の登山は今期はこれで最後かなー。 

春休みの疲れが残っていたのか、なかなか調子出ず、 

ペースがつかめませんでした。 

いつもは2時間くらい歩くとペースが出てきて楽になるのになー。 



山荘と峠のちょうど半分くらいのところで、アイスバーンに。 

ここでチェーンスパイク装着。 


何度か林道を横切って、最後の急登を終えると・・・ 


雪に埋もれた太平山荘に到着。 

この辺はGWには開くんだよね? 

この時期にまだこんなんだけど、雪かきとか間に合うんかし? 



さらに登って北沢峠に出る手前のトラバース部分が意外と厄介な感じだった。 


そして、ようやく到着しました長衛荘。 

いや~長いアプローチでした! 

ここまで来ればテント目的地までコースタイムであと2時間ほど。 


最近の定番行動食、月餅、コンビーフ缶、パーフェクトプラスゼリーで 

600キロカロリーほど補給してエネルギー充電。 


チェーンスパイクをワカンに履き替えて、ストック持って出発! 



トイレの裏側の斜面を登って行きます。 

ここからの登り初めが結構キツかった。 


残雪期!って感じの樹林帯を登って行きます。 


急登を終えるとしばらくなだらかな尾根歩きが続いて、 

2合目に到着します。 


これだけ歩いて来て、ここで2合目かっ!と突っ込みたくなったけど、 

北沢峠から考えたらまだ2合目なのかぁ・・・・。 

戸台から考えたすでに7合目くらいまでは来てるハズ。 

さらに、ココから4合目までがめっちゃ急登!!!!! 


春休みの連休とかに結構な数の人が入ったみたいで、 


かなりしっかり踏まれて、そこだけ凍結している踏跡が1本道で、 

おそらく山頂までず~っとつながっていました。 


うまいことこの踏跡を辿っていければ割と楽に進めるんですが、 

ほとんどの場所で新雪が乗ってしまっていて不明瞭に。 

気づくとあれーどっちだろー?と迷って地図を出してはルート確認。 

踏み外して何度かヒザまで踏み抜いたりしながら進みました。 


まだまだ急登!!! 


やっとの思いで4合目。 

このあたりから、雰囲気は残雪期から、がっつり冬山に。 

さらにルートも難しいところが増えてきます。 


この先は表面が凍結している場所が増えてきて、 

ワカンだと微妙に登りにくい。 

今考えたら、ここでアイゼンに変えておいた方が良かったなー。 


でも登り始めてしまうと、急で細い尾根道が続いて、 

履き替えが出来るような場所も無く、そのまま強引に登りきりました。 


こんな感じの場所とか、色々あったけど写真撮る余裕なし。 


細い尾根を抜けると、緩やかな場所に。 

おお!仙丈ケ岳のピークがだいぶ近くに見えてきました。 


5合目、大滝頭に到着でーす! 


思っていた以上の急登と、難しいルートにヘロヘロ。 

結局CT2時間のところ3時間半かかりました。 


この付近はテントを張るのにちょうど良い感じの場所が多くて、 

1番風がこなそうな所を選んでテントを設営。 


今夜の寝床♪ 


まだ日没まで時間があったので、 

見通しの良い場所までちょっと登って写真撮影。 

ずっと樹林帯であまり景色が見れていなかったので、 

景色が見えたときに初めてここまで登って来たんだー! 

って実感が沸いてきました。




北岳。 



甲斐駒と鋸岳。 



甲斐駒アップ! 


甲斐駒~鋸岳の連なりは本当に格好良い! 

今まで反対側からしか見たこと無かったけど、 

こっち側から見たほうが更に岩々しさが増して迫力ありました。 


ふと下を見下ろすと、林道の雪かきしてました。 

今年の南アは雪が多いと聞きましたが、GWまでには間に合うのかな? 


6合目に続く雪庇。 

明日はあの空に向かって歩いていくぞー! 



テントに戻って夕飯タイム。 

ラーメンにあぶり焼きチキンを乗せるのが最近のマイブーム。 


ここのところ睡眠不足だったので早々に就寝。 



1日目、思った以上にキツかった! 

明日は、真っ白い山頂が待ってるぜぇ~♪ 



2日目に続く・・・・・ 

2014年4月10日-11日【 仙丈ケ岳 】 戸台からピストン②