2012年3月3日-4日【 鳳凰三山 】 ピークハントならずぅ。

初の南アルプス&初のテント泊♪ 

火事場跡から白峰三山を望む。 

〓 鳳凰三山 〓 

■3月3日(木):夜叉神峠登山道口(12:30)~夜叉神峠(13:30-13:40)~杖立峠(15:30)~ 
火事場跡(16:45)~テント泊 

■4日(金):火事場跡(6:30)~苺平(8:00-8:10)~辻山付近(9:10~9:15)~苺平(9:30)~ 
火事場跡(10:30-11:30)~夜叉神峠(14:15~14:30)~夜叉神峠登山口(15:30) 

〓〓〓〓〓 


念願のテン泊山行が実現しました~♪
夜勤明けでそのまま出発。 

甲府盆地に入ると、大菩薩も金峰も瑞牆も八ヶ岳もみんな真っ白♪ 

君津を9時に出て、登山口に12時頃到着。 
駐車場に車は1台だけ。道中に雪はなし。 

この日の荷物は、17~18キロ位。 
ザックを担ぐとズシリと重い。半端無く重い。 
背負ってすぐに、これで何時間も歩けるのかと心配になる・・・。 

この日のために走りこんできた、自分の足腰を信じることに。 

アイゼンはまだ付けず。 
気温は1~2℃あったので、あまり着こまずにスタート!

1時間ほどで夜叉神峠に到着! 

あれ?意外とコースタイム通りで歩けてるぞ!!! 
とこの時はまだまだ余裕でした。

! 
それにしてもザックがデカイ(笑)。 


夜叉神峠を後にして、次は杖立峠を目指します。 
短い急登と、ゆるゆるの繰り返し。いわゆる尾根道って感じです。 

途中、ザクザクの雪の下がアイスになっていて、アイゼン無しだと気を使うところが 
いくつか有りましたが、ストック突いて強引に登りました。 

 

ここからが、一番キツかった!!! 
キツクもなく、緩くもない感じの巻き道。しかも高い林で展望なし。 
同じような坂を永遠と登ります。 


だんだん雪もふかくなってひざ下位。 
そして、毎度の事ですが・・・真っ白シロ助には出会えず。 


1時間ほど、踏み跡を辿ると火事場跡に到着~。 
時間も時間なので、今日はここにテントを張ることに。 

もう少し進めると思っていたんだけど、やっぱり初めての荷物の重さに負けました。 
さっそく、テント設営開始!
カモシカで教わった通りに、サクサクと組み立てられました。

で、こんな感じで完成~♪だいぶ日も暮れはじめました。 

日が陰ったら、一気に気温が下がって来ました。 

外気温マイナス15℃。テントの中もマイナス6℃。


昼と夜の狭間。 


この後、富士山よりも濃いい星空を
満喫しました! 



 

 


朝起きると、風も収まりはじめていて、天気も良さそう♪ 

初めてのモルゲンロート。 
⇒朝焼け。朝日をうけて雲が赤く染まること。高山でみる朝焼け。 


 ほんの20分くらいしか見てないこの景色。 
寒さなんか忘れて見入ってしまいました。 

 

ここにテントやら寝袋やらを置いきます。
時間的にどこまで行けるか解らないので、時間がなかったら辻山に向かう計画に変更。


で、歩いて5分もしないうちに、ピストンの方の踏み跡が消える!  

ってことで、こっからは全く踏み跡無しで、完全にラッセル。

途中から、ず~っとウサギの足あとが。 
ウサギもこの道を使ってるんだね~。 

またもや名ガイドに出会えました♪ 


しかし、踏み跡がないとこんなにも歩きづらいものなのか。 
コースタイムの倍?くらい時間かけて苺平に到着。


二人だけのメモリィー  どこかでもう一度~♪ 

やっぱり、時間が無くなって来てしまったので、 
せめて展望がいいところで終りにしたいと、辻山へ向かうことに。 

 

そろそろ戻らないとな~って時間
になってきて、山頂が近い気もするけど、 

木が高くて先があまり見えず、ウサギの足跡も無くなって、 
次のテープがどうしても見つけられなくなって、 


ここで撤退決定~。いや~中途半端が一番悔しいわ~。 
でも、もう足も体力も限界近かったので正しい判断だったと思います。 

で、帰りはスイスイ進む進む。 
一度歩いてあるだけでこんなに歩きやすいとは! 

なんと20分で苺平まで戻れちゃいました。 
ラッセル恐るべし!!!

テントの撤収と、腹ごしらえで1時間。 また重い荷物を背負って下山開始。 
そして、まさかの・・・・

カモシカ登場~♪ 
また出会ってしまいましたっ!!! 


いつか絶対リベンジするぞーーーーーーー!!!!! 




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

 


いや~しかし、山から帰った後って、仕事もやる気が出るし、 
なんだか人にもやさしく出来るような気がするのは、なんでだろう? 

不思議だ。