2020年11月4日 【日帰り登山】裏妙義 丁須ノ頭 秋の藪岩登山!岩好きには堪らない好ルート♪

山行データ

天候 終日晴天

気温 6℃~12℃程 

  8~10m程度 
   時折強風が吹き北風が冷たかった

コンビニ
松井田妙義ICを降りて国道18号沿い左側にローソン1軒

駐車場
旧国民宿舎裏妙義前に30台程度

トイレ
駐車場奥にあるが、常に開いているかは不明

山行タイム

国民宿舎裏妙義  08:30  
三方境      09:30~9:45
丁須ノ頭     12:30~13:45
木戸       14:30
国民宿舎裏妙義  15:15

※山仲間5人で写真を撮りながらゆったり目に歩いたペースです。

山行ノート

旧国民宿舎裏妙義~三方境

今週はトキオさん、Sちゃん、Sりん、Cさん、自分の5人で裏妙義の丁須ノ頭に行って来ました!

初めて一緒に山に登るメンバーもいるのでどうなるか楽しみ♪

木更津を4時に出発、船橋、和光で仲間をピックアップして途中休憩もしながら、9時ころに国民宿舎裏妙義に到着しました。

駐車場奥のトイレは開いていて使えましたが、いつも使えるかは不明なのでコンビニで済ませてきた方が良さそうです。

身支度をしてスタート!

駐車場下の林道から三方境方面へ。
途中で林道から左手の山道に入り、ひたすらトラバースしながら少しずつ高度を上げていきます。

他風の影響か、倒木や道が崩れている所が何箇所かありました。
注意して進めば通れる程度です。

この先ずっとなだらかに登っては下って小さい沢を渡るの繰り返し。

辺り一面、枯葉だらけ。
この枯葉が曲者で、岩の上に乗っていて気づかずに踏むとズルっと行きます。

山歩きに慣れていない、Sりんは何度がズルっとなってました。
これも良い修行!

1時間ほどで三方境に到着。

到着したとたんに北風が強く吹き込んできて、ちょー寒い!!!
稜線の向こう側から風が吹いてきていたので、ここまでの登山道は無風で快適でしたが、ここからは厳しくなりそう。

ここで化繊ジャケットにレインの上下も着込みました。



三方境~赤岩

少し進むと紅葉が良い色に。
紅葉を撮ってばっかりで中々先に進めません。

赤、黄色、緑のバランスが良くて写真が映えますね~♪

妙義らしい藪岩ちっくな稜線を歩いて高度を上げていくと、前方が見渡せる地点へ。

手前が烏帽子岩、奥が赤岩、目指す丁須ノ頭は更に右。

烏帽子岩までは軽いアップダウンを繰り返しながら、藪岩な稜線を進みます。

烏帽子岩の下部を右に巻いた先あたりから赤岩~丁須ノ頭にかけて岩場、鎖場が徐々に増えてきます。

ちょっと怖い場所にはちゃんと鎖付き。

気づくとみんなが上に居たり、下に居たりする(笑)

2時間弱で赤岩の基部に到着。
少し開けていて眺めのいい場所でした。

浅間山まで続く紅葉と横切る上信越道。
すごく綺麗な景色。

ここから少し進んだあたりに、一番いい感じに紅葉しているスポット♪

「きれいだなぁ~♪」なんて思っていられるのも束の間。
再び鎖場が続きます。

緩斜面の鎖を下ると数少ない大展望スポット。この緩斜面の鎖場を抜けると次の鎖場がコレ。

乗っているのはアルミ梯子に金網乗せたやつ。
しかも前半部分落ちて無くなってるし(笑)

見た目はゾワッとしますが、近づくと足場もしっかりしていて注意して進めば問題なし。

むしろ後半の梯子がある方がギシギシいってて怖かった。

梯子の橋を過ぎるとしばし穏やかな尾根歩き。

途中の広い場所でランチタイムに。陽も高くなり暖かくて気持ちいい時間帯。

しっかりと腹ごしらえをして、本日のメインに向けて出発。

赤岩~丁須ノ頭

鎖付きのチムニー。
上部に小石が溜まっているので、落石させないように注意が必要

チムニーを登ってから、もう一登り。

ここもしっかりと鎖があります。

ここを登りきると・・・・
見えました!丁須ノ頭。


思ってい居た以上に折れそう!(笑)

いつ登れなくなるか解らないなコレは。登れるうちに登っておくべし!

振り返ると遠くから登頂写真を狙うリーダー。

みんな高いとこが平気なようで、思い思いに写真を撮ったりゴロゴロしたり。
自分はというと、フリーのクライミングやマルチもやりますが、高い&狭いが揃うと一気に怖くなって動けなくなるタイプ。

丁須ノ頭の上は2~3畳ほど。
まさに「高くて狭い」場所で、みんなで登って360°カメラで写真を撮ったらすぐにでも降りたくて仕方がなかった。

ずっとしゃがんでる(笑)

まだしゃがんでる(笑)

確かに気持ち良さそうだけど・・・

何だかんだ楽しくて、丁須ノ頭で1時間ほど過ごしました。

下山路

そそろそろ行きますかってことで下山開始。
三方境まではゆるゆるで長い登りでしたが、丁須ノ頭からの下山路は一気に高度を下げていく急な下降路。

要所には鎖。

1時間ほどで木戸へ到着。
ここまでくればあと一息。

ふと見上げると巨大な壁!

最後は水のある沢沿いを歩いて元の林道へ戻ります。

最後まで出てくる鎖場。飽きさせませんね~♪

沢の水量が増えてきたあたりで、枯葉に隠れた水たまりにドボン!
何箇所か似たようなトラップがあったので気を付けてください。

まとめ

ということで、裏妙義の藪岩&紅葉を堪能できました。
難易度的にもそこまで高くはなく、ところどころ展望もあり天気さえよければ本当に気持ちのいいルートです♪

少しずつ寒くなってきたので、ウエア選びも難しくなってきますね~。
来週は温かいところでマルチの予定です。

この日の装備

トップス

ドライレイヤーウォーム + プリミノ140 + ナノエアベスト 
 + マイクロパフジャケット + レインシャドージャケット

三方境までは樹林帯歩きなので風もなく比較的穏やかだったので、ベストで行動して丁度良かった。三方境から先は稜線になり北風が強くなって来たのでマイクロパフとレインジャケットも全部着た。昼が近づくに連れて気温も上がり、ジャケット2枚は脱いで行動できるほどに。そのまま下山までベストで過ごせた。

ボトムス

・ティートンブロスクラッグパンツ + レインシャドーパンツ

春と秋のクライミングで履いているパンツ。岩に対する耐性が高いのはもちろんのこと、程よい生地の厚さでこの時期に暑すぎず寒すぎず、20℃~10℃程の気温であれば1枚で履いています。稜線に出た時に風が強くて寒かったのでレインを上から履きました。

シューズ

・スポルティバ TXガイド

アプローチシューズとトレランシューズのハイブリッドシューズ。比較的荷物が軽い岩場多めの山行に使っています。登れて走れて軽くて歩きやすい♪

おすすめアイテム

・ファイントラック ドライレイヤーウォーム

・モンテイン プリミノ140 ロングTシャツ

・パタゴニア ナノエアベスト

パタゴニア公式サイト メンズ・ナノエア・ベスト

パタゴニア レインシャドージャケット

パタゴニア公式サイト メンズ・レインシャドー・ジャケット

・ティートンブロス クラッグパンツ

・パタゴニア レインシャドーパンツ

パタゴニア公式サイト メンズ・レインシャドー・パンツ

・スポルティバ TXガイド