2010年12月30日【 大菩薩嶺 】 初めての雪歩き。

丸川峠から雪化粧の大菩薩嶺をぐるりと一周。 

大菩薩峠から雷岩へ・・・逆走。 

〓大菩薩嶺(百名山11座目)=〓 

12月30日(金):丸川峠P(6:30)~丸川荘(8:15)~▲大菩薩嶺(9:40-9:50)~ 
雷岩(9:55-10:10)~賽ノ河原(10:40-11:20)~大菩薩峠(11:30-11:40)~ 
福ちゃん山荘(12:10)~上日川峠(12:30)~丸川峠P(13:30) 

〓〓〓〓〓 

2010年は丹沢で登り収めと思っていたら、思いがけずに休みがっ! 

これはもう一発行っちゃいましょう!って事で、 
小学生の頃に登ったことのある、思い出の大菩薩嶺へ出発~。 

君津を出たのが21時過ぎ。今回は下道で進みました。 
アクアラインから、409号府中街道⇒20号甲州街道(相模湖~勝沼は中央道)⇒411号青梅街道。 
丸川峠に着いたのが1時頃。 

丸川峠は20台位止められるスペースに、先着の車が2台ほど。 
トイレや水場はありません。途中、雪解けでアイスバーンの路面あり。 
スタッドレス必須です。昼間には溶けてましたけどね。 

あたりが明るくなってきた頃に出発でーす! 

このあたりにはほとんど雪なし。 
実は、冬靴を忘れトレランシューズでの挑戦で~す。 

最初は林道をゆるゆると。 

20分ほどで、登山道に突入ー! 
前回の大倉尾根同様、ゆるゆる&急登の繰り返し。 

途中、でちょいちょい手を使わないと登れない箇所が出てきます。 
でも、体力的には大倉尾根より楽かも。 

ゆるゆる~と尾根道。だんだん雪が増えてきましたね。 

さらに進むと、完全に雪道に。 
しっかり踏まれていて、歩きやすいことこの上なし。 

林を抜けると丸川荘に到着~。 
ここは風が抜けて、めっちゃ寒いっ! 

聞くところによるとコーヒーが美味しいとか♪ 

ここからは、めっちゃいい感じの木立の中を進みます。 
雪もガッツリ付いていて、踏み跡外すとズボっと行きます。 

6本位のアイゼン跡がありましたが、トレランシューズでも問題なし。 
凍ってたらダメかも。ストック持ってたのも良かったかな。 

モフモフ~。 

何度か倒木の下をくぐり抜け・・・・ 

大菩薩嶺に到着でーす!すっごい景色がドーン! 
とはいかずに、まわりは木に囲まれて展望なし。 

砂糖たっぷりのチャイでブレイクタイム♪ 

ここから5分ほど、木立の中を進むと・・・・ 
ドーン!と視界が開けて、雷岩に到着です。 

林を抜けるとやっぱり風が強くなってめちゃ寒っ! 
化繊ダウンを着込んで、バラクラバも鼻まで上げて対応。 

甲府盆地が一望です! 

あまりにも寒くて長居はできず。 
ここからは大菩薩峠までゆるりと稜線歩き。 

奥に、賽の河原の避難小屋。 

やっぱ雪を見ると滑りたくなっちゃうなぁ~。直滑降。 

右手にはこの絶景。 

きっと雪がなかったらゴロゴロ道な様だけど、雪があるからスイスイ歩けます! 

ちょっとした岩場をくだって・・・。 

避難小屋に到着~。こ
こで早めのお昼にすることに。 

お昼は、豚汁にお持ちを3つ。うまし! 

中は暖か♪出たくないけど行かなくては。 

賽の河原から、雷岩。 

ゆるゆる下って、大菩薩峠に。 

私、実は小学生のころに児童会長なんてやってまして、 
地元富津市と塩山市が姉妹都市ということで、遊びに来た思い出がありあます。 

その時は、上日川峠から大菩薩峠まで歩いたような。 
なんつーか、歳とったなー(笑)。 

ここから福ちゃん山荘まで、車の轍を歩いて行きます。 
ず~っとゆるゆるの下りで、スイスイ歩けました。 

福ちゃん山荘からは、車道沿いの林を進みます。 
ところどころ、溶けた雪が凍ってツルツルに。 

上日川峠からは、九十九折の坂を永遠下ります。 

落ち葉がサクサク気持ち良い♪ 

順調に下山して、丸川峠に戻りました。 
帰りに温泉♪と思ったら、年末で休業・・・(涙)。 

また違う季節に~。 

帰ったら仕事なり~(涙)。 

〓〓〓〓〓〓 

今年最後の山登りでした。 
大菩薩嶺、日帰りにもってこいのコースだと思います♪ 

最初、丸川荘から回るか上日川峠から回るか迷いましたが、 
雪のついた急坂を下るなら、最初に一気に登って、後はノンビリと思って丸川荘から 
行ったのが正解でした。 

今まで雪道は、スノボでハイクアップした時くらいしか、歩いた事なかったけど、 
意外と普通の靴でも行けますね。雪面の状況にもよると思いますけど。 

次回は、アイゼンデビューしたい!