2012年9月13日-14日【 剣岳 】 2日目:剣沢小屋~剣岳~室堂。

2日目はいよいよ剣岳へアタック!
剣沢小屋から剣岳、無事に室堂まで。 


〓〓〓〓〓     立山三山    〓〓〓〓〓 


9月14日(金):剣沢小屋(4:00)~一服剣(5:00) ~前剣(6:00)~ ▲剣岳(7:30-8:30) 
         ~剣沢小屋(11:20-12:20)~室堂(15:40) 
          

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 






さあ、いよいよ剣岳へアタックです! 



朝、4:00に小屋を出発! 

思ったよりも寒くなく、快適な温度帯。 




白々とした空の下を一服剣に向けて登ります。 



1時間程で一服剣へ到着。 


ここから、ガイドさんとおばちゃん二人のパーティーと一緒に。 



振り返って、剣沢。 


小屋と山荘、登山者の明かり。 

これは、大絶景の予感♪ 



徐々に日が昇り始めました。 


この辺で待っていればご来光見えたかな? 

今日はピークハントが目的なので、どんどん先へ。 



前剣への登り。 


ここから、登山道はガレガレに。 

落石しないように注意しながら進みました。 



少しづつ高度を上げます。 


後ろのピークが一服剣。 



上部に来ると鎖場登場。 


マイミクさんカッコイイ!ヘルメット姿も決まってますね! 

まだまだ余裕な様子。 


1時間ほどで前剣到着! 


振り返っての剣沢。 



チョー気持ち良い!なんも言えねー!を連発しちゃいました。 

本当に気持ちよくて、言葉に出来ないほどの綺麗な景色♪ 




ここで、みんな腹ごしらえ。 


太陽をバックに、おにぎりをムシャムシャ(笑) 

本峰へのアタックに向けて、最後の休憩です。 


いくぞ!剣岳! 


ちなみに今回購入したヘルメット。 

グリベルサラマンダーのXLサイズです。 

色々被ったけど、頭がでかいのでコレしか入らず。 

しかもこのサイズはグレーシルバーの1色のみ。 

選択の余地無しでした(笑) 


しかも、このサイズでも歩いてる途中で頭が締め付けられて痛くなるっていう。 

ドンだけ頭デカイんだ俺っ! 


前剣から先、徐々に核心部に近ずきます。 




この梯子を渡って、右側の鎖に取り付きます。 



下は切れ落ちていると言っても、高さはそんなにありません。 


※個人差あるので一概には言えませんが・・・。 



鎖を伝ってトラバースしたら、この鎖場を下ります。 


マイミクさん、下りの鎖場がちょっと苦手そうだったかな。 

って、自分もまだまだ場数が足りずあまりフォロー出来なかった事を反省です。 




鎖場を抜けるとしばし、気持ちよい稜線に。 


朝日を背にして、イェーイ! 

この辺りから、だいぶアドレナリンが出始めました。 


次が、平蔵の頭。 

ここを登って、岩を乗り越えて反対側へ。 


登ったら、ここを下ります。 





下りきったら、岩場のテラスをぐる~っと巻いて、 

いよいよ『カニのタテバイ』の登場でーす! 




先行者が居なかったので、ルートがわかりずらいですが、 

左側から取り付いて、あとは鎖を辿って直登です。 


高さは30Mくらい?落ちたら骨折以上の怪我は確実そうです。 

鎖と杭を頼りに、なんと言うかとにかく慎重に進もう!としか言えず。 



最後のステップ。 


ちょっと幅が広くて登りにくかった。 



マイミクさんも最後のステップまで来ました。 


ちょっと手こずりつつも、無事にクリア! 


登っている途中で、 

『本当に登り強いね~!』って声をかけたら、 

『前世はサルですから』と余裕の返答(笑) 



タテバイの先も鎖場続きます。 


タテバイ終わったらすぐに山頂だと思っていたら、大間違い! 

まだまだ岩場が続きます。 

ってかずっと岩だから、岩場ではないのか・・・。 



この辺りまで来ると、岩登りやってる充実感が凄かったです。 


スケール感ハンパないっ!!! 




そしてついに、山頂へ到着ー。 



さっそく祠を拝みに・・・・ 

あれ!?祠が・・・無いっ!? 


近くにいたおいちゃんに話を聞くと。 

最近、カミナリに打たれて壊れたらしい。 

んで、昨日片付けて撤収したとの事。 


他の登山者もみんな、あれ?あれ?ってなってました。 




気を取り直して、記念撮影♪ 


最近、ランニングして大分お腹が凹んできたんですよー♪ 

ってわからんか。 

山頂からの景色。 

別山尾根と剣沢、奥に立山の姿も。 


一緒に登って来た、ガイド山行のパーティーは 


3人ロープで繋がって、仙人池を目指して下って行きました。 

装備とか雰囲気が格好良かったなー! 


この後も、何組か仙人方面へ行くという方に出会いました。 

北方稜線ルート、いったい何がどうなってるんだ!? 

いつか行ってみたいっ☆☆☆ 



山頂で、すばらし過ぎる景色を見ながらおにぎりやらフルーツ缶やらを食べる! 

なんて贅沢な時間なんでしょうか。 

景色を眺めながらボーっとする時間が1番好きです。 




さて、登ったからといって安心できないのがこのルート。 

下りは『カニのヨコバイ』からです。 




いきなりですが、誰!?こんなイタズラしたのっ!!! 



いや~んっ、泡吹いちゃう~♪つって(笑) 


そんな事言ってないで、緊張感を持って挑まないとダメですココわっ。 



ヨコバイまで鎖で下ります。 



ここが良く、一歩目が見えないと言われる場所。 


このくらい覗き込むと、しっかり見えました。 



なんと言うか、とにかく下を覗き込んで足場を探して降りる!感じです。 




マイミクさんも通過中~。 


慎重に、慎重に。 



ヨコバイが終わると、長い梯子。 



梯子を下ったら、また鎖場。 


下に見えるのがトイレ~。 


トイレの中! 


携帯トイレを使うか、この穴にするか。 

使った紙は各自小屋まで持って帰るのがルールみたいです。 


帰りの平蔵の頭。 


ここをクリアすれば一安心。 




その後足を棒にしながらひたすら下山。 

前剣から一服剣までのガレ場の下りが大変だった。 



無事に剣沢小屋に到着~! 

手ぬぐいスタイル、小屋の人っぽいでしょ? 


中で、デポした荷物をまとめて、鍋ラーメンを注文♪ 



イモトのサインとか、        


点の記撮影時の写真もありました。 



ここで、マイミクさんから、 

小屋の3代目のご主人がイケメンなんだよ♪ 

という話を聞く。 


なんだかソワソワしてんなーと思ったら、そういう事かっ。 


小屋を出る時に、たまたま受付にご主人が居たので、 

僕がヤマケイ見ましたよ!って声を掛けてみた。 

マイミクさんすでに顔が赤い(笑) 


歳を聞いたら39歳!確かに若い。 

気になる方は、今年7月号のヤマケイをチェック! 

少し話をして、最後にツーショット写真を撮ってチェックアウトしました。 

この借りはデカイぜよ~(笑) 


ここからの帰りはずっとガスの中。 



雲の切れ間にこんな素敵な景色がみえたり・・・ 


みくりが池もちょうどココだけ晴れてた♪ 



ってことで、扇沢まで下って無事に剣岳登山終了です! 



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 



いや~剣岳面白かったです! 

あとは、大切戸を槍~奥穂までつないで、一回逆もやろうかな。 

それから西~奥穂とステップ踏めたら良いけど、なかなか休みがな~。 


そして、立山良いっ! 

ひとつひとつの山が本当に大きくて、稜線越えても、また山が出て来る。 

スケール感が大きい景色に完全にやられました!