2012年6月11日-12日【 燕岳・大天井岳・常念岳 】 残雪の槍を眺めながらの縦走♪その②

2日目は大天荘~常念~一の沢。 

2日目の悪天予報も、雨は降らず。 
ヤリホを眺めながらの縦走となりました♪ 



〓〓 燕岳・大天井岳・常念岳  2日目 〓〓〓 


6月12日(火):大天荘(5:40)~常念小屋(8:30-9:15)~▲常念岳(10:15-10:30)~ 
        常念小屋(11:15-11:30)~一の沢登山口(17:00 ※冬道登り返し1:30分含む) 


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


2日目の朝。 

冬季小屋の明り取り窓からの日の光で目覚める。 

予報は晴れ時々雨だったけど、どうやら天気は良いみたい。 




4時過ぎ、外に出てみると学生君たちが写真撮影中。 


上は曇り空。下は雲海。 

ヤリホのモルゲン見れるかな~♪ 


昨日は雲に隠れていた、燕岳からの稜線。 

槍~鷲羽方面もクッキリと。 

いつかは行きたい北鎌尾根っ! 


こっちの方が実現しやすそうだな。 






朝焼けまで時間がありそうなので、 

シュラフやらなんやらを撤収し、腹ごしらえして待機。 

準備万端で外を覗くと・・・・ 



小屋の出口から外を覗く。 



う~ん、オレンジ色にはなっていない・・・。 

この日は雲に隠れて、いまいち太陽の光が届かず。

雲がさっきより取れてきたので、出発まえに再度の撮影会。









素晴らしい景色を堪能して、見納めです。

お世話になった大天荘に別れを告げて、いざ出発っ。 


学生君達に先導してもらい、常念小屋を目指します。 




奥に見える残雪を越えると・・・ 



こんな感じ。先ずは東大天井岳を目指します。 



縦走って感じ♪



まだまだいきまーす!あれが東大天井かな? 


東大天井を巻いた先に、再度残雪帯が。 

落っこちても、下の這い松に突っ込んで止まりそうだけど、 

それはそれで痛いので、慎重に進みます。 




その先の稜線がこちら~。 


次は横通岳の横を目指します。 

途中、雷鳥のつがいに出会う。 

立山で見たときは真っ白だったけど、もう茶色に。 

これはこれでカワイイ♪で鳴き声は相変わらず、グェ~っ!!! 

雷鳥に見送られ先に進みます。 




途中、一瞬ガスが抜けて雲の隙間から涸沢ヒュッテが見えました。 


左下になんとな~くわかるかな? 


前回登った、奥穂&涸沢岳。 


こうやって見ると、ザイテングラードって結構な傾斜。 



横通岳が近づいて来ました。 


いよいよ縦走も終盤戦。 


まだまだ足取り軽く進みます。 




横通岳を巻くと、常念小屋への下りが始まります。 

一度、樹林帯の中を通り抜けて見えてきました、常念小屋と常念岳っ! 

樹林帯の中にも雪が残っていて、かなりの踏み抜きがあったので、要注意です。 



小屋の前で、二度目の朝食~。 



槍様アップ!槍ヶ岳山荘も営業中~。 




腹ごしらえが済んだら、小屋の前に荷物をデポして、常念岳にアタック! 



天気は相変わらずの曇り空&ガスがかかったり取れたり。 

1時間ほどで常念岳山頂へ! 

ようやくの笑顔(笑)。 

槍に向かって、飛翔する雷鳥をイメージ(笑)。 


山頂から、蝶ヶ岳方面。 

山頂で、蝶から歩いてきた方々と4~5人出会いました。 

こっちはもう一度きた時にとっておきましょー。 


















今回の全従走路。よく歩いたもんだ~。 




さて、あとはひたすら下るだけ。 

常念小屋でザックを回収して、一の沢へ。 


ここでちょっと失敗。 

途中で夏道と冬道と分かれていて、どっちも同じ感じで踏み跡があって、 

特に規制もない感じだったので近そうな冬道を選択。 

そしたら、途中で雪渓がなくなってて結局登り返すハメに・・・(涙) 

小屋の人や、ヤマレコからもっと情報収集しておくべきでした。 



夏道の様子。 


まだまだ残雪いっぱいで、踏み抜き注意! 


最終水場から先で、何度か雪渓を横切ります。 



中途半端な時期で、赤テープ付きの竹サオも倒れていたり、 

ポールを辿って行っても途中で穴が開いて沢の流れが顔を出していたり。 

雪渓歩きの経験が少ないので、ここって乗って大丈夫なの???と不安になりつつ、 

かなり慎重に進みました。 


沢から上がれば、道に雪はありません。 


下っていくと、徐々に花の姿も多くなりました。 



ガスの中をひたすら進んでようやく登山口へ。 





一の沢登山口からは、常念小屋で連絡しておりたタクシーで下山。 

しゃくなげ荘で温泉に浸かって帰宅の途へ。 

ここの温泉、熱めなのでご注意を~。 





〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 




出発前は、景色が見れるのは1日目だけだと思っていましたが、 

結局、2日間とも雨には降られず。 

思っていた以上の展望に大満足の山行となりました♪ 


逆に、大変だったところも印象深く、 

特に大天井の最後の登りと、一の沢へ下る途中の雪渓。 

いつも自分の実力より若干背伸びしたルートを選ぶ様にしていますが、 

今回は予想外の難所が多くて、特に苦労しました。 


梅雨が明け夏山シーズンやって来ますが、仕事が忙しくなる時期なので、 

次回の鹿島槍をやったら、9月まで連休はお預け。 

しばらくは、みんなが登るのをうらやましくも応援していたいと思います。 

日帰りでちょこちょこっとは行くけどねっ♪