2015年6月23日 【 沢登り 】奥多摩 小川谷廊下 初めての沢登!

丹沢の小川谷廊下入渓地点

小川谷廊下 (大岩まで)
入渓地点 08:30 ~ 大岩(中間地点)13:00 ~ 入渓地点 15:00


前回のクライミング講習に続き、
こちらも初めての沢登に挑戦してきました!

今回も津田沼ヨシキスポーツの時男さんに連れられて。
時男さん繋がりの知り合いが沢山参加して、大人数での遡行になりました。

沢の装備が無かったので、沢タビをレンタルさせてもらいました。

いよいよ遡行スタート。

先ずは沢タビに慣れましょうということで、
ツルツルの岩でフリクションをチェック。

足の裏全体で体重をかけると思った以上に滑りませんでした。

しばらく穏やかな川床を歩いていくと、4Mくらいの滝が出てきました。

慣れたメンバーは確保無しでスルスルと登って行きます。
ほんの4M、されど4Mで落ちたら死にはしないけど、
それなりに怪我をしそうな微妙な高さ。

自分はしっかりと確保してもらいながら登りました。

更に進むと今度は斜めに流れ込む滝。
さっきより高い!こんなとこ登れるの!?

なんて思っていましたが、近づいてみると案外簡単に登れました。

その先もアトラクションが沢山出てきます♪
だんだん沢歩きにも慣れてきて楽しくなってきたー!

こんなところをよじ登ったり。

ここはボルダリングっぽい動きが必要で、みんな手こずってました。

ここは右側が深いので、左から入って滝の下をくぐらないといけません。
まだ水も冷たくて頭から水をかぶるのはキツかったー!

これがこのルートの中間地点の目印、大岩。
今回は時間切れでここまで。

休憩タイム。
止まると更に寒くて、ポットに入れてきた温かい飲み物が本当に美味しかった。
化繊のジャケットやエマージェンシーシートを持ってきて、各自暖を取っていました。

このあと、適当な個所から上の林道へ登り。
林道伝いに下山。

初めての沢登りでしたが、みんなでワイワイとても楽しく過ごせました。
クライミングの装備に、沢の装備も揃えないと・・・
楽しいけどお金もかかるこの遊び。

ますます沼にはまっていきそうです~☆