2010年11月5日【 筑波山 】 朝日と紅葉を見に。

筑波山をぐるり一周~。

男体山から関東平野を眺める。

=筑波山(百名山:9座目)=

11月5日(金):筑波山神社P(3:30)~つつじが丘P(4:00-4:15)~▲女体山(5:30-6:45)~コマ展望台(7:00-7:20)~▲男体山(7:30-7:40)~コマ展望台(7:50-8:15)~筑波山神社P(9:30)

=======

今月前半は、当番明けの休みしかなく、山は行けないかな~と思っていたんだけど、
前日の夜になんだか無性に朝日が見たくなって、夜の搾乳終了後に荷物をまとめて出発!

次の山はどこにしようかと思いながら見ていた百名山ガイド。
あー!ここから写真撮ってみたいと思っていたのが、家から一番近い百名山、筑波山。
東京をバックに、日の出と紅葉を撮るぞ!と言うことで行き先決定~。

君津を12時に出て、途中コンビニの駐車場で1時間ほど仮眠。
駐車場に着いたのが3時過ぎ。ちなみに全部下道でも高速とあまり変わらず。

こんなに夜中から来るような山ではないので、さすがに駐車場はガラガラでした。

この日の日の入りは6時4分の予定。
筑波山神社⇒つつじが丘⇒女体山と歩いて2時間位と案内されていたので、
早めに歩きはじめました。

筑波山神社からつつじが丘への登山道は、とかく急坂もなく道もしっかり整備されていて、
どちらかというとガッツリ走るのによさそうな感じ。沢をひとつ越えたあたりで8分目。

つつじが丘の駐車場へ到着。

こんな時間には誰もいませ~ん!

ロープウェイ乗り場と、キラキラ夜景。

こんな景色を背に、いざ女体山を目指します!

つつじが丘からの登山道は、最初の森に入るところまでがちょっとした急坂。
岩もゴロゴロしてて、後ろの景色を見ながら歩くとコケるので注意。

半ばは、平らで歩きやすい道。

もうひとつの登山道と合流したあたりから、再度の急登。
ここからは岩場が点在していて、それなりに頑張りが必要。

頭の上にロープウェイのワイヤーが見えてきたら、もあと少し!

そして、女体山山頂に到着ですっ!!!

キターーーーー!!!
予想通りのピーカン & 程良いタイミングで山頂到着。
この黒と青とオレンジのグラデーションが撮りたかったっっっ。

早速、パシャパシャ。

奥に見えるのが、霞ヶ浦。あのあたりから日が昇ってきそ~な感じ。

ヘッドライトを外すのも忘れて、東京方面に目を凝らす。
写真では無理だったけど、肉眼ではスカイツリーもバッチリ見えました。

山頂はこんな感じ。岩が磨かれてつるつるです。
僕のうしろの方に社が建っています。

どんどん明るくなってきます♪

男体山方面。おっ!上の方から紅葉が始まってる~♪いま気がついた。

つつじが丘の駐車場とロープウェイの路線。地球が丸く見えるっ!

山頂写真もう少し続きまーす!

キタキタキターーーー!!!空が空が空がっ!!!

でっかい景色をボ~っと見ていられるのって、幸せです。

男体山も赤く染まります。紅葉が一気に燃え上がります。

遠くに、丹沢と富士山が見えて来ました。

コレもひとつの天体ショーだねぇ~。
素敵なショーを満喫した後に、もうひとつのお楽しみ。

今日は明星チャルメラ♪水入れて、チャルメラ入れて、粉も全部入れてしまえ。&n
bsp;

こんなロケーションで・・・。ああ、幸せ♪

名残惜しい景色を後に、一路男体山へ向かいます。

女体山と男体山の間。コマ展望台へ。

本日のケーブルカーは9時20分からの営業です。。。
まだまだだな~。キレイな水洗トイレあります。

このあたりで、寝不足が効いてきてボーっとしてきた。
日が当たると暖かくなってきたので、しばしベンチでごろ寝。
チョー気持ち良い。。。

20分くらい本気で寝てた。
ずっと寝ててケーブルカー動き始めたら恥ずかしかったな(笑)。

さて、ちょっと目が覚めたところで男体山へ。

女体山と同じく、山頂直下はそれなりに急で岩場が続きます。
でも、手を使うほどではありません。

あっさりと山頂到着~。

下りはケーブルカーの脇の下山道で筑波山神社へ下りまっす。

こっちはめっちゃ階段だらけや~!
しかも結構長いこと急なこと急なこと。

こっちを下りにして正解だったわ~。

途中で、でっかい杉の木がわんさか立っているゾーンに突入。
とにかくデカイ!

下におっちゃん居るけど、デカさわかるかな?

このあたりから、下から上がって来る人と何人も出会いました。
さすが百名山&紅葉の季節。

何度かケーブルカーの軌道と顔を合わせながらテクテク下山。
下のケーブルカー駅に着いたときには、ちょうど始発が出る時間になってました。

次来るときはこれ乗ろう。

っていうかまだ9時半。
何しようかと考えたけど、眠くてたえきれないのでそそくさと帰宅の途へ。

■■■

結局、帰りも何度もコンビニの駐車場で寝ながら走りました。
やっぱりちゃんと寝ないとダメだね。もう良い歳ってもんだ。

それにしても、この近さ、登りやすさでこの展望。
さすがちゃんと選んであるなぁ、百名山(ってそんな基準?)。

山登り + 写真 が最近のスタイルになっていますが、
今回山頂でデジカメを岩の上から2メートルくらい下に落としました(涙)。

それでも動くし撮れるしアップ出来るのには驚き。
でも本体の外枠がカパカパして、ボタンが浮いて押しづらくなってしまった。

もう5年近く使ったカメラなので、そろそろ買い替えかな~なんて思っています。

ああ、また物欲が~。